【2019ハロウィーン】trick or treat! 2018年ハロウィーンを盛り上げたキャンペーン事例集【2019ハロウィーン】trick or treat! 2018年ハロウィーンを盛り上げたキャンペーン事例集

【2018ハロウィーン】trick or treat! 2018年ハロウィーンを盛り上げたキャンペーン事例集

2018年ハロウィーン
SNSキャンペーン事例集

日本では毎年盛り上がりを見せる”ハロウィーン”の季節が近づいてきました。昨年2018年の市場規模は1240憶円とも言われています。バレンタインデーにもならぶ経済効果をもたらす一大イベントのインスタグラム・ツイッターのキャンペーン・プロモーション事例をまとめていますので、ぜひご参考ください。

もくじ

#ゾンビコンバース『SHOES OF THE DEADキャンペーン』【コンバース】

インスタグラムキャンペーン事例

https://www.youtube.com/watch?v=lYgjVtsyUb8&feature=youtu.be

開催期間
2018年7月2日(月)~ 2018年8月31日(金)
概要
コンバースが創業110周年を迎え、新たな3つの商品ラインを発売することを記念して、死ぬほど履き込んだコンバースシューズの写真投稿キャンペーンを開催。死ぬほど履き込んだコンバースシューズの写真をSNSに投稿(#ゾンビコンバース)すると、新しいコンバースシューズが当たる
プレゼント内容
新しいシューズを抽選でプレゼント

投稿総数
Instagram:約800件
レビュー
コンバース110thを記念して、今までボロボロになるまで愛用してくれたユーザーを巻き込んだキャンペーン。shoes of the dead という映画調の動画も公開し、あえて「ボロボロ」シューズをハロウィーンの時期に合わせて「#ゾンビコンバース」を投稿してもらう企画は、ボロボロになるまでコンバースを愛用したユーザーにはにはぜひ応募したくなるものだと思われます。

『ハロウィンジャンボ宝くじ』リツイートキャンペーン【宝くじ】

インスタグラムキャンペーン事例

https://twitter.com/takarakuji_qoo/status/1056923626467844096

開催期間
2018 年10月15 日〜10月30 日
概要
宝くじ公式Twitterアカウントをフォローしキャンペーン投稿をRTすると結果がすぐにわかるキャンペーン
プレゼント内容
Amazonギフト券500円分が500名様に当たる
レビュー
RTボタンを押すだけで簡単に参加できるリツイートキャンペーン参加が簡単なだけでなく、拡散力も高く多くの人にリーチしやすいキャンペーン手法です。35,000件のリツート・3,229件のいいねが付きました。
※WWSのリツートキャンペーンツール「SmartRT」はインスタントウィンには対応していません。

『ミスドミイラdeハロウィーン』#目立つ名前募集キャンペーン【ミスタードーナツ】

インスタグラムキャンペーン事例

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000394.000005720.html

開催期間
2018年9月7日(金)~9月17日(月)
概要
ハロウィーンメニューの「紅茶スティックミイラ」が、人気者になれる目立つ名前を募集。採用された作品はミスタードーナツ公式ホームページで発表。正式商品名となり店頭で販売。
プレゼント内容
1名:ポン・デ・リング200個相当(20,000円分)ミスタードーナツカードをプレゼント
レビュー
ハロウィーンに合わせたメニューの発売の前に、まだ名前の決まっていない商品の名前をハッシュタグを付けた投稿をすることで募集するキャンペーンでした。ハロウィーン前にキャンペーンを行うことでユーザーのアテンションを引くことがで来たのではないでしょうか。 また、名前を公募することでユーザーが企業の商品やサービスに参加することができ、ユーザーがさらにエンゲージメントの高いファンになることも予想されます。

平成最後のハロウィンキャンペーン【パブリックスタンド】

インスタグラムキャンペーン事例

https://www.public-stand.com/topics/1252/

開催期間
2018年11月20日(火)~11月11日(月)
概要
#ハロウィンパブスタ を付けてInstagramに写真を投稿
プレゼント内容
【1組2名】韓国旅行ペアチケット
【2組4名】東京ディズニーランドペアチケット
【1名】折り畳み式自転車
【5名】モエシャンドン
レビュー
店内でスタッフに頼んで撮影してもらうことができ、ハロウィン限定メニューやプロップを使ってハロウィン感を演出していました。SmartHashなら気に入った写真を上位表示もできるので、開催者の意図に合う投稿を優先的に表示できます。SNSで写真キャンペーンを行うなら、SmartHashがオススメです。

#ハッピーひらパー2018【ひらパー】

インスタグラムキャンペーン事例

http://www.hirakatapark.co.jp/campaign/happyhirapar/halloween/#/boards/happy2018

開催期間
2019年9月22日(土)~11月4日(日)
概要
「ひらパー ハッピーハロウィン2018」期間中にひらかたパーク内で撮影したハロウィンの思い出あふれる写真をTwitterまたはInstagramでシェア。抽選で5名さまに「ひらかたパーク入園招待券 4枚」及び「ひらパーオリジナルグッズ詰め合わせ」をプレゼント。また、投稿いただいた写真の一部を「#ハッピーひらパー2018」シェアキャンペーンのWEBページで紹介。
プレゼント内容
【5名】「ひらかたパーク 2018年冬シーズン入園招待券(ウインターカーニバル入場券付)4枚」及び「ひらパーオリジナルグッズ詰め合わせ」
レビュー
期間内にパーク内で撮影した写真の投稿が必要でしたが、撮影のできるエリアが多く数百のコンテンツを生むことができました。また、キャンペーンページ内でUGCを表示できる為、ページを訪問した人がTwitterやInstagramの公式アカウントに気が付いたり、パーク内のユーザー目線の口コミを確認することができます。SmartHashは表示のテンプレ―トも6つ準備しているので、表示埋込も簡単です。

ハッシュタグキャンペーンツールのご紹介

Instagram(インスタグラム)キャンペーン作成ツール、低価格・月額2万円 Instagram(インスタグラム)キャンペーン作成ツール、低価格・月額2万円

※自社サイトに投稿画像を一覧表示することも可能です。

「SmartHash(スマートハッシュ)」は、Instagram(インスタグラム)・Twitter(Twitter)の投稿を収集しでハッシュタグキャンペーンを簡単に開催できるツールです。
キャンペーンサイトやブランドサイトへの表示もワンクリックで行えます。SNSでハッシュタグキャンペーンを行うことで、SNS上での認知の拡散やブランドイメージのリフトアップが期待できます。SNSを利用したキャンペーンは新規顧客候補となりうるユーザーへの認知拡大を目的に行われるケースが多いのですが、World Wide System ではその他のキャンペーンツールも充実しているため、認知獲得後の次のステップである、「キャンペーンをきっかけに接点を持ったユーザーが購買者(新規顧客)になるまで」そして、「リピーター(既存顧客)になるまで」のアプローチを行うことができます
InstagramやTwitterでのキャンペーン・プロモーションを考えている企業担当者さまはぜひお問合せ下さい。

SMART PRシリーズ